ジャンプ×小説 JUMP j BOOKS

WebノベルWeb Novel


ONE PIECE novel 麦わらストーリーズ

ONE PIECE novel 麦わらストーリーズ

原作:尾田栄一郎
小説:大崎知仁

〝悪魔〟に魅入られし者の苦悩

 頂上戦争から2年。
 シャボンディ諸島66番GR海軍駐屯基地に、とある指令が下った…
 「この島に再集結する、麦わらの一味を逮捕せよ──」
 だが、任務を指揮する大佐には、ある"苦悩"が…!?

1

 ある海軍将校の話をする。名は、あえて秘す。

 いみようがあった。〝とうおう〟──部下や同僚の多くが、彼をそう呼んだ。

 ぼくじゆうをたっぷりとふくませた筆でぐいと引いたような太いまゆと、いかりをたたえたような眼光鋭い両のまなこ。威厳と迫力に満ちたそのようぼうの下には、きたいたきんこつりゆうりゆうたいが続く。

 ひとたび戦いにのぞめば、勇猛にしてかんほうえんだんをかいくぐり、それこそ荒ぶる波頭のように敵陣を威圧し「正義」をすいこうする。海賊はいうにおよばず、自身にも部下にも厳格でれつなそのざまは、まさに海兵のかがみ、〝波頭の仁王〟の異名に恥じぬせいきようさであった。

 三等兵を振り出しに、着実に武功を立て、昇級をかさね、現在の彼の階級は大佐。いくかの転属をて、現在の所属地は、シャボンディ諸島66番GRグローブ・海軍ちゆうとん基地である。

 この基地でも、彼は数々のくんを打ち立てていた。

 部下をひきいては、たくみな用兵とそうかんで、大物海賊を幾人もらえ、上官のとして命令を忠実に遂行し、戦況に応じて有益な進言を幾つもした。

 さすがは〝波頭の仁王〟──の声は、彼が任務から戻るたびに基地内でささやかれた。

「あの人はすげェよ。五十人の海賊にかこまれても、眉一つ動かさないんだぜ」

「あの人の戦場の声を聞いたことがあるか? 天が割れるほどのいつかつなんだ。それで海賊は縮み上がって、逆におれたちはされる」

「おれなんて、あの人が敵の剣を歯で受け止めてるところを見たぞ」

「〝波頭の仁王〟のおかげでこの基地は大砲十門ぶんは強くなったな」

 強さをたたえる声は、彼の耳にも入った。だが、彼に慢心はなかった。まなざしの先にはつねに憎き海賊旗があり、「正義」をつらぬはがねの意志が全身にみなぎっていた。

 

 そんな彼に、あらたな命令が下されたのは、マリンフォードの頂上戦争から〝二年後〟のことだった。

 上官である少将にしつ室に呼ばれ、直属の部下数名とともに、彼はその内容を聞いた。

「この島に再集結する、麦わらの一味を逮捕せよ──」

2

「麦わらの、一味ですか……」

 問い返した彼の表情には、ひとすじの緊張が走っていた。

 珍しいことだった。どれほどこくな命令を受けようとも、毛ほども動じることなくただちに行動に移る、〝波頭の仁王〟とはそういう海兵であったはずだ。

「作戦当日、お前たちは私の艦に乗ってもらう。隊の編成は追って知らせる」

 少将はそうげ、命令の伝達を終えた。

 少将の執務室を辞したあとも、彼の表情には普段にはないけわしさがにじんでいるようだった。

 自分の執務室に戻っていく〝波頭の仁王〟を敬礼で見送ったあと、部下たちはささやき合った。

「見たか? あの人が珍しく緊張していたな」

「それだけ今の麦わらたちが強いってことだろう」

「しかし、いくら連中が強いとはいっても、あの人があんな顔をするとは……」

「ひょっとして、麦わらの一味を追う任務は初めてなのかな」

 誰かがそういうと、別の誰かが答えた。

「いや、初めてではないはずだ。おれは一度、あの人と一緒にエニエス・ロビーの任務についたことがある」

 エニエス・ロビー──難攻不落の司法の塔を有し、世界政府の権威を象徴する場所でもあった──麦わらの一味に攻め込まれるまでは。

 が、それはともかく──〝波頭の仁王〟の動揺である。

 部下たちが声をひそめていぶかっている頃、彼は自分の執務室で頭をかかえていた。

「どうすれば、いいのだ……!!

3

 作戦決行の日が、ついに来た。

〝波頭の仁王〟は、上官である少将の指揮する軍艦に乗り込み、42番GRグローブへと向かっていた。そこが麦わらの一味の合流地点だ、との情報を得たからである。

 かんぱんげん寄りに立ち、彼はこれからの作戦行動をはんすうした。

 麦わらの船を発見だい、砲撃。敵船を航行不能にしたのち、せつげんして乗り移り、麦わらの一味の制圧・確保にあたる──

 彼が命じられた役目は、接舷後、敵船に乗り移る際に先陣を切ること。つまりみ隊長であった。

 麦わらの一味のじんじようならざる強さは、エニエス・ロビーの任務の折、彼も実際にたりにしている。だが、おくするつもりはなかった。

 麦わらのルフィ? 相手にとって不足なしだ。海賊狩りのゾロ? 負ける気はしない。くろあしのサンジ? その足癖、おれが正してくれる。そげキングも、航海士も、ニコ・ロビンも、フランキーも、新たにブルックというやつも加わっているらしいが、全部まとめて相手をしてやろうじゃないか。気合十分、闘志満々──

 ……といきたいところだが、かたわらの部下がづかうような声をかけてきた。

「大佐、顔色があまりすぐれないようですが……」

「心配ない」

 重々しい声で返せた、と思う。〝波頭の仁王〟は常に強くあらねばならない。ゆるぎない彼の背を見せることで、じゆうそつの士気がたもたれるのだ。両手でほおたたき、気合を入れ直した。

 そのとき、さくてきを担当する海兵の声が上がった。

「麦わらの船を発見! 十時の方向!!

 艦内がにわかにあわただしくなった。

 彼もそちらに望遠鏡を向けた。

 ──いた!

 ヤルキマン・マングローブの太い根が作る入り江の一つに、麦わらの船──サウザンド・サニー号が停泊しているのが見えた。

 彼は強く目を閉じた。

 とうとう来たのだ、麦わらの一味とたいする日が──

 この日が来るのを待っていた、ともいえるし、できれば来ないでほしかった、という思いもある。しずめたはずの心の動揺が一瞬でぶり返し、全身を焼かれるようなしようそうかんが襲ってきた。

「まだ撃つなよ! 用意だけしておけ!」

 少将の指揮が飛び、伝令係が復唱する。

 の距離がちぢまっていき、麦わらの船が砲弾の射程内に近づいてくる。それにともなって、彼の心拍数もがっていった。……来る。……来る。……来る。

「撃ち方──用意!!

 少将の指揮に砲撃手が動いた。

「──撃てェ!!

 ドゴォン!! 発射の反動を艦体に残し、砲弾が麦わらの船めがけて飛んでいった。

 黒い砲弾がぐんぐん標的にせまっていく──迫っていく──

 彼は──声には出せない──心のなかで叫んだ。

 

 砲弾よ! 当たるな───!!

4

 ある海軍将校の話をする。名は、あえて秘す。

〝波頭の仁王〟という異名を持つ彼には、誰にも打ち明けていない秘密があった。家族にも、同僚にも、部下にも、上官にも、ひた隠しにしている秘密が。

 

 それは──

 それは──彼がチョッパーをめっちゃ好きってことである!!

 

 とにかくもう好きなのである、彼は、チョッパーのことが。キュン死しちゃうほどに。

 もうね、もうね、チョッパーをね、ぎゅーってやってね、あのモフモフに頬ずりしてね、そんでね、においとかもいでね、一緒のベッドとかで寝てね、お風呂とかも一緒に入ってね、またぎゅーってやってね……

 ……などともうそうしちゃうほどに好きなのである。

 だから──

 砲弾が麦わらの船に当たっちゃうのは、まずいのである。

 だって、だって、砲弾が当たって、麦わらの船が沈むようなことがあったら、チョッパーが死んじゃうかもしれないから!! チョッパーは能力者だから泳げないんだよ? おぼれて死んじゃうかもしれないんだよ? そんなのいやだから──!! 悲しすぎるから──!!

 だから──

 砲弾よ! 当たるな───!!

 というわけだったのである。がぼーん!!

 

 チョッパーとの「出会い」は、エニエス・ロビーの任務のときだった。

 当時彼は上官の命を受け、げきはんを率いて裁判所前にある建物の屋上にいた。

 司法の塔をしてばくしんするキングブルの背に、ちょこんと乗った、モフモフのトナカイを見た瞬間だった。

 な──

 なんじゃあ、あの可愛かわいさは───!!

 は、反則級の可愛さではないか───!!

 狙撃班を率いながらも、撃ち抜かれたのは彼のほうであった。チョッパーの愛くるしさという弾丸に。

 以来、彼はあの、モフモフ、モコモコ、フカフカの生き物を愛してやまなくなったのである。

 ちなみにエニエス・ロビーの一件後、麦わらの一味の手配書は更新され、そこにはチョッパーのものも加わった。

 懸賞金は五十ベリー。わたあめを食べているチョッパーの写真を見て、彼はもんした。

 かーわーいーいー! これ、かーわーいーいー!

 ぶっとい眉毛を「ハ」の字にし、鍛え上げた体をくねらせて──もちろんこんなたいは誰にも見せられないから、自宅の自室に鍵をかけて、彼はそんなことをしたのだった。

 ……おかしい、一体おれはどうしてしまったというのだ、と、あのモフモフに心をとらわれた自分を不可解に思うこともあった。

 特に動物好きだったわけでもない。子どもの頃ぬいぐるみで遊んだこともなかった。

 それが、いいとしをした大人おとなになって、このありさまである。なぜだ。

 あの超絶可愛い〝バケモノ〟は、悪魔の実によって生まれたと聞く──ということは、おれは〝悪魔〟にられた、ということなのだろうか……。

 ……という分析とかも、実はどうでもよくて、とにかくチョッパーって可愛いよねー!!

 好きだから、調べた。チョッパーのことを。いろんな資料を取り寄せて。

 本当の名前は、ほう、トニートニー・チョッパーというのか。ふむ、ドラム王国の出身で、へー! 医師! あったまいいー。ん? 任務中、チョッパーの声を聞いたという海兵の報告もあるな。幼い男児のような声か。聞きたいなー。「おれは医者だぞ」とかいうのかな、その声で。ひゃー可愛い。……なに? 不思議な丸薬でいろんな姿に変身もできるって? ……あ、そういえば、エニエス・ロビーでもバカでかいモンスターが暴れたっていう報告があったけど、あれのことかな。

 知れば知るほど、彼のチョッパーへの愛着は深まり、知れば知るほど、あの、ちっこい、キュピーンとした姿のときの破壊力がすのであった。

 ただの可愛いマスコットじゃない、いろいろなものを背負っての、あのキュピーンなのだと思うと、ああもう、たまらないのである。

 だがしかし──

 チョッパーがどれほど可愛かろうと、どれほどキュピンキュピンしていようと、ゆるがせにできない事実がある。それは、チョッパーが海賊であり、自分が海兵であるということ。

 海兵は海賊を追い、逮捕せねばならない。状況によっては、その命をうばうことも──

 命を奪う? 無理無理無理無理。想像した途端、思考停止。息ができなくなる。

 だから、チョッパーへのおもいが深まれば深まるほど、彼はかつとうに苦しんだ。会いたい。いや、会いたくない。いや……。

 万一麦わらの一味とそうぐうしたとき、彼は自分が海兵として正しい行動をとれるか、自信がなかった。〝波頭の仁王〟として、正義のやいばを振るうことができるのか、それともチョッパーへの〝愛〟にじゆんずるのか……。

 さいわい、という言い方が適当かどうかはわからないが、彼はエニエス・ロビーの一件以後は、麦わらに関係した任務につくことはなかった。

 ゆえに、麦わらの一味に対する態度を保留のままにしておくことができた。

 だがそれが、今回の任務でそうもいかなくなったのである。

 麦わらの一味を逮捕せよ──その命令を受けた瞬間から、彼ははんもんと葛藤の炎に焼かれた。

 どうすればいいのだ……!!

 海賊は憎し、だがチョッパーはかわゆす。

 その、「かわゆす」の乗り込んだ船へと、いま砲弾がぐんぐん迫っていく──

 ……当たるな当たるな当たるな……

「──当たるなーっ!」

 砲弾は──当たらなかった。麦わらの船のすぐそばに着水したが、船体にダメージは与えていなかった。よかった。だが、かたわらの部下がいった。

「大佐、今、『当たるな』と!?」

 はっ、いかんっ! 声に出ていたかっ。彼はあわててつくろった。

「い、いってなーい! えーと、そう、『たるむな!』といったんだ、『たるむな!』と! 気をめろと!」

「そうでしたか! 失礼しました!」

 というやりとりの間も、指揮官の声に従って追撃の砲弾がはなたれていく。

 ドドドォン! ドドォン!

 げっ! ちょっ! 多いって! これだけの数の砲弾、絶対どれかは命中するはずだ。

 だめー!! チョッパー逃げてぇー!! と、彼が絶叫しかけたときだ。

 無数のピンク色の矢が飛来し、砲弾のすべてに突き刺さった。そのせいで砲弾は標的かられ、すべてが海に落ちていく。

 なにが起こった!? と、うろたえる艦の前方に、いつのまに接近していたのか、いつせきの海賊船が現れた。二匹のだいじやく海賊船──〝海賊女帝〟ハンコックの船だ。ピンク色の矢も、ハンコックが放ったものに違いない。

「待て!! 撃ち方やめっ!!!」と、少将の声が飛ぶ。

 なぜハンコックがここへ現れたのかはわからない。わからないが──

「ナイスだ!! ハンコック!!

 と、彼は笑顔でガッツポーズをとっていた。それをすかさず部下が見とがめる。

「大佐!? 今、『ナイスだ』とおつしやいましたか!?」

「ん!? あ、ほう! そんなこというはずがないだろうが! その、あれだ、『なんてやつだ』といったんだ! 『なんてやつだ、ハンコック!』と、そういったんだ! 間違いなく!」

「そうでしたか!」

「そうだ! ええい、いまいましい女帝めェ!」

 と、彼は急いでいかりの表情を作る。

ジヤ海賊団!!! そこで何をしてる!!! 任務を妨害する気か!!?」

 少将が、こちらは本気の怒りをびた声で抗議する。だが、それでひるむハンコックではない。

「誰じゃ、わらわのとおみちに軍艦を置いたのは!!

 と、こうだ。うわさ通りのきようまんさである。

 なんだと、そこをどけ、海軍にたてく気か、と、海兵たちもさかんにいい返すが、その目がみんなハートマークになってしまっているのは、ハンコックのぼうのせいだ。

 だが、この艦にあって、彼──〝波頭の仁王〟だけはハンコックの美しさに心を奪われていなかった。

 今、彼の心にあるのは、

 チョッパー逃げてぇ! ──この一念のみである。

 今のうちに! うちの艦とハンコックがもめてる今のうちに! チョッパーよ、麦わらよ、頼むから逃げてくれ───!!

 祈りは通じた。

 ぼんっ、と麦わらの船がシャボンに包まれた。コーティングというやつだ。すぐに船体が沈み始める。急げ、急げ、急げー!!

 気づいた海兵が声を上げた。

「少将殿!! 海賊船が海中へ逃げます!!

 少将が激怒する。目をハートにして、「貴様ら、やつらがどれほどの凶悪犯かわかっているのか♡」

 だが、もう遅い。麦わらの船は完全に見えなくなり、彼らの軍艦で追うことはかなわなくなった。

 麦わらの一味は脱出に成功したのである。

「……助かった」

 と、思わずもらした彼のつぶやきを、またしても部下が聞きとがめる。

「大佐、今、『助かった』と?」

 ええい、いちいちうるさいやつめ。

 彼は部下をギロリとにらんでいった。

「ああ、そうだ。『助かった』といったんだ、おれは」

 部下がまどいの表情を浮かべる。

「あの、それは、どういう……?」

「今日のおれは虫の居所が悪い。もしやつらの船に乗り込み、斬り合いになっていたら、おれは手加減できずにやつらを全員殺してしまっていただろう。デッド・オア・アライブの賞金首とはいえ、ではさすがにまずいだろうからな」

 そこで彼は、なるべくこくはくに見えるようにみを浮かべた。

「な、なるほど。『助かった』とは、連中が命拾いしたと、そういう意味でしたか。さすがは大佐」

 おそれと尊敬の入り混じった目で見つめてくる部下に、一度うなずき返すと、彼は視線を海に戻した。

 改めて、こっそりとあんの息をつく。

 今回の任務、時間にすればわずかなものだったが、ここまで気力をしようもうした任務もついぞなかったように思う。

 今頃チョッパーも船のなかでホッとしているだろうか。「ふう、命拾いしたなー!」なんて、可愛らしい声でいいながら。あるいはもっと現実的に、シャボンのコーティングが割れちゃわないか心配しているだろうか。「大丈夫か、これー!?」なんて。どちらの場合を想像しても、彼の口元は、ムフッとなる。

 だが、安堵のあとにはにがい感情もがってくる。

 海兵が海賊を逃がして安堵するとは何事か、という自身へのしつせきから来る苦みだ。

 チョッパーへの〝愛〟か、海兵としての本分か。答えは、まだ出そうにない。出口のない葛藤は、これからも彼をさいなみ続けるだろう。

 今夜は飲もう、と彼は決めた。この苦みは酒で洗い流すのだ。チョッパーにちなんで、名前に「桜」の文字の入った酒を自宅に置いてあるのだった。

 彼はコートをひるがえすと、甲板の部下たちに向き直った。厳しいその表情は、もう〝波頭の仁王〟のそれに戻っていた。

 

 ささやかな後日談を一つ。

〝新世界〟へと船出した麦わらの一味は、その後ドレスローザにおいて、おうしちかいの一角、ドフラミンゴを打ち倒した。

 それにより一味の手配書は更新され、チョッパーのものも新しくなった。

 懸賞金額は百ベリー。写真はやはり、わたあめをなめているところである。

 自室に鍵をかけ、手配書を手にした彼はもんぜつした。

 やっぱり、かーわーいーいー!!

その他にも、〈頂上戦争〉に参戦した海兵兄弟、ドレスローザで〈剣豪談義〉を交わす酔っ払い、〈美人女海賊〉の手配書を集める引きこもり、〈ソウルキング〉のライブに音貝を忍ばせる少年など、笑いあり涙ありの、麦わらの一味を新たに楽しむ珠玉の9編を収録!

トップへ
トップへ