ジャンプ×ノベル JUMP j BOOKS

01/04

一日目・犯罪学級(はんざいがっきゅう)


 電車内に設置された液晶画面には、連続する強盗殺人事件のニュースが流れていた。
 不吉なことに、どうやらこれから俺が向かう町の出来事らしい。
 けれどいくら画面の中で深刻そうに語られても、今イチ現実感や危機感が生じないのは俺だけではないだろう。きっとその事件に巻き込まれた人々も、いざ実際に被害者となる直前までは他人事(ひとごと)だと油断していたのだ。よって近隣住民の方々はお気をつけくださいと念を押されたところで、正直手の施(ほどこ)しようもない。
 詰まるところ、人生とは常に突然の連続だ。
 齢(よわい)十六の若造が「人生とは」なんて偉そうに断ずるのは少々説得力に欠けるが、それもまた一つの真理なのだから仕方ない。
 そうでなければ、こうも突発的に転校なんて決まったりするものか。
 高一の春休みもラスト五日となった日に、俺の実家のポストに謎の入学案内の郵便が届いた。
 郵便には、見知らぬ学校のパンフレットと学生専用マンションの見取り図、そして最後に、すでに現在通っている学校には連絡を入れ転校の手続きは済ませてある、という旨(むね)を綴(つづ)った非現実的な内容の手紙が添えられていた。
 あまりにも強引かつ理不尽かつ不自然な展開に、当初は悪質な悪戯(いたずら)ではないかと思い母校へ連絡を取ったのだが、信じがたいことに手紙の内容通り、俺の学籍はもうそこには存在していなかった。
 耳を疑った俺は、この陰謀めいた事実に対して一旦は警察に届け出ようとした。
 だが俺の母は、
「いいじゃない! なんか設備も豪華そうだし、マンションも高校生の一人暮らしにしては随分と広い間取りよ! 諸々の代金も向こう持ちですって!」
 なんて能天気に喜ぶ始末。
 勿論(もちろん)、それに対する俺の反応は鈍い。
「い、いや……でもこれ、待遇も良すぎて怪しくね? それに学校の奴(やつ)らも急に転校するとか言ったら不審がるだろうし」という懸念に対して母は、
「大丈夫よ! あんた仲いい友達とかいないでしょ? いなくなっても誰も気にしないから平気よ!」
 そう、きっぱりと言いきった。
 そう……あろうことかうちの親は、愛すべき我が子に友達がいないと言いきりやがった。
「それによく見なさいよ、ほら!」
 確実にテンションを下げていく俺とは反対に、加速度的に調子を上げていく母親がパンフレットの一部を指差す。そこには『奨学金給付有り』の文字と、それなりの額が提示されていた。末尾には謎のハートマーク。
「これ卒業後に返済する必要がないタイプらしいから、このお金そっくりそのまま私のへそく……家計の足しになるわ! どうせ他に選択肢もないんだし、うだうだ言ってないで男らしく行きなさい! 母親からの命令よ、桔平(きっぺい)!」
「…………」
 もう母の頭の中では俺がそこに通うことは決定事項らしい。きっとこの人の辞書に『疑う』の二文字は存在しないのだろう。そしてうっかり零(こぼ)した『へそくり』という単語も、しっかりと俺の耳には届いていた。
 こうした経緯もあって、俺は謎だらけの学校へと転校するハメになったのである。
 ちなみに後に知るのだが、母の言う通り、俺のいきなりの転校を残念がる、もしくは不審に思う友人(知人)は一人もいなかったという。人間関係の儚(はかな)さをこれほどに痛感した瞬間もない。
 そして現在。
 俺は遠い実家から乗り継いできた電車から、さらにバスに乗り換え、これから学生生活を送る学(まな)び舎(や)へと向かっている。通学時間ということもあり、車内には同じ制服を着た学生の姿もちらほらと窺(うかが)えた。新学期初日だからか、どこか休みボケが抜けきっていない様子である。
 前もって調べた情報によれば、県のほぼ中心部に位置するこの昏忌(くらいむ)市は近年急速な発展を遂げているらしい。
 繁栄の中心となっているのは市の南東部。数年前の大手鉄道会社による巨大駅ビルの建設が発端となり、駅前にオフィスビルやショッピングモールが建ち並んだ。また大規模な都市開発に伴う人口増加に応じて、駅前繁華街の周辺や市の南部を横断する路線に沿って新築物件が次々と建てられ、現在の閑静な住宅街を形成している。
 一方で、居住地域から距離を置いた中央部から北部にかけては、のどかな田園風景や農作地帯が広がる。加えて市街地とは反対の北西部には、豊かな自然を誇る山々が市全体を見下ろすように聳(そび)え立(た)っており、登山目当ての観光客も少なくない。
 広大な土地面積を生かして発展と環境保全の両立を成し遂げた昏忌市。「あとは海さえあれば」と市長がぼやいたとかぼやかないとか。
 以上が、市のホームページに載っているこの街の概要である。
 急な出発だったのでまだ新居は見てはいないが、学校で自己紹介をして案内を受けた後はすぐに下校らしいので、今日届く予定の荷物を紐解(ひもと)く時間は十分にある。
 ぼんやりと景色を眺めながらバスに揺られること二〇分。ようやく俺の転校先である私立昏忌(くらいむ)高校前のバス停に到着した。
「ほ〜……」
 バス停から遠目に見える、真新しく瀟洒(しょうしゃ)な四階建ての校舎に、感嘆の息が漏れた。まだ開校して間もないというパンフレットの情報に偽(いつわ)りはないらしい。
 けれど歩を進めその距離を縮めていくにつれ、高揚した気分が徐々に不安なものへと変わっていく。
 理由は、窓の一つ一つを覆う目の細かな鉄の格子。
 奇麗な外観に鉄格子というミスマッチのせいで、校門前に着く頃には俺の中の建物の印象はすっかり変わってしまっていた。
 そう、まるでこれでは─
「……刑務所?」
 無意識に物々しい単語を口にしてしまったが、校内から漏れ聞こえる喧騒は健全な高校生のそれだ。恐らく自殺防止とかそんなものだろう、と自分で結論づけた。それにしたって物騒なことに変わりはないのだが。
 校内に足を踏み入れると、昇降口に入ってすぐの場所に眼鏡にグレーのスーツ姿の女性が立っていた。
「あら、もしかしてあなたが新しく転校してきた方?」
 彼女は見慣れぬ新天地におどおどしているこちらに気がついたようだ。その声には知性を感じさせる澄んだ響きがあり、近寄ってみるとこれまた理知的な美人である。いかにも教師といった雰囲気の彼女に対し、俺は頭を下げた。
「はい。平(たいら)桔平と申します」
「平君ね。話は聞いてるわ。早速だけどクラスへ案内するわね」
 てっきり最初は職員室で詳しく説明してもらえるのかと思いきや、早々に見知らぬ人間で溢(あふ)れかえる教室へと放り込まれるらしい。まだ心の準備もできてないのに。
「すでに聞いてると思うけど、今日はまだ授業が始まるわけでもないから、君は挨拶(あいさつ)と校内の案内を終えたらすぐ帰宅できるわ」
 軽快な足取りのまま、女教師が本日の日程を語る。話を耳に入れつつ、通り過ぎる教室の数々をちらりと覗いていくが、生徒達の様子も前にいた高校と別段変わったところはない。強引な転校手続きと堅牢な外観に気持ちを強張(こわば)らせていたが、どうやら取り越し苦労だったようだ。
「自己紹介が遅れたわね。私はあなたのクラスの担任を務める柊瑞穂(ひいらぎみずほ)よ。よろしく」
 歩きながらの自己紹介に返事をする前に、「ここよ」と柊先生は足を止めた。
 階段を昇り廊下を進んで三階の端。プレートには2―Dと書かれている。
 ここで、安堵しかけていた心に再び不安がよぎる。
 ……やけに静かだ。
 まるでそこだけ無人ではないのかと錯覚するほどに、教室からは騒音や雑音が聞こえてこない。そしてその理由は、先生が扉を開いた瞬間に理解できた。
 ─生徒が異常に少ない。
 席数が七しかないうえ、着席しているのはたったの五人。別のクラスはこの五倍は人数がいるというのに、一体どういうことだ?
「今日は新しくこのクラスに転校してきた男子生徒を紹介します。平桔平君よ」
 戸惑う間もなく紹介を受けたので、俺はせかせかと教室に入り、黒板前で「よろしくお願いします」と頭を下げた。
 特に歓声や拍手が起こるわけでもなく、ただ痛々しい沈黙を浴びせられる。
「じゃあ平君はそこの空(あ)いてる席に座ってもらえる?」
「はい……」
 先生に指示され、俺は静かに廊下側にあった空席に向かい、腰を下ろす。さりげない動きでクラスを見渡すと、俺以外に男子が二人に女子が三人という面子(メンツ)。
 男子は茶髪のノリの軽そうな奴と、ニヤニヤと生理的嫌悪感を催(もよお)す笑(え)みを浮かべるニット帽と目の周りの隈(くま)が特徴的な奴。女子は黒髪をボブ気味に切り揃えた大和撫子風(やまとなでしこ)の子と、ガラの悪いハーフっぽい顔立ちの金髪、そして茶色がかった髪色に優しげで物腰の柔らかそうな子。意外にも女子は美人揃いだ。
 ただ気になるのは、ほぼ全員がちらちらとこちらを品定めするような目で見ている点なのだが、これも物珍しき転校生の宿命ではあるのだろう。俺は誰とも目線を合わさぬよう、そっと顔を伏せた。
「では、軽く連絡事項だけ伝えたら今日は終わりです。……八重梅(やえうめ)さん、この後、平君を連れて校内を案内してもらってもいい?」
「はい」
 八重梅と呼ばれた黒髪の女子生徒は特に不満もなさそうにしっかりと返事をした。きっと委員長でも務めているのだろう。
 美人と二人きりで校内散策と聞いて少し胸も高鳴るが、やはり初対面の緊張のほうが強い。気まずい空気が流れなければいいんだけど。
 柊先生が春休みの宿題の提出を促(うなが)し、これからの行事について一通り説明し終えると、その日は終了となった。どうやら始業式などの全体の集まりはないようだ。
「初めまして! ねぇねぇ、平……桔平君だっけ? 俺は弦巻藤吾(つるまきけんご)ってんだ。よろしく!」
 解散の号令がかかると同時に、俺のもとへ茶髪の男が駆け寄ってきた。容姿に違(たが)わず、かなりノリの軽いキャラらしい。普段ならこういったタイプの人間との接触など皆無なのだが、未知の空間で居心地を悪くしているこの瞬間においては救いだった。
「ああ、よろしく」
 俺はたどたどしくも挨拶を返す。
「桔平ちゃんはさ、どっから来たの? この学校はどう? 俺達の第一印象は? 趣味とか特技ってある? 前の学校じゃどんなキャラだった? 好きな映画は? 音楽は? 漫画は? 小説は?」
「え、えーと、一つずつ頼む」
 矢継ぎ早に繰り出される質問に早々に押(お)し潰(つぶ)されかける。てか初対面でいきなりちゃんづけとか馴れ馴れしいな、こいつ。
 こちらの困惑を察したのか、茶髪男子弦巻は自分の額(ひたい)をペチンと叩いた。
「あちゃー、悪い悪い! どーも俺ってば知らない人に対する好奇心や探究心が半端(はんぱ)ないってか凄すぎんだけど、そこんとこは勘弁ってことで。んじゃーまずはこのクラスの愉快な仲間達を紹介しよう」
 言って、クラス全員を見回すと、
「まず、あそこから薄ら笑いでこっちを見てる根暗野郎は巴求真(ともえきゅうま)。桔平ちゃんを案内してくれるクールビューティーは、クラス委員長の八重梅規理(きり)。見てくれはいいけど、目つきと態度が史上最悪なパツ金ヤンキーガールが人性悪乃(ひとさがあくの)。そして君の隣りにおわすこのお方がこのクラスのオアシスにして究極の癒し系、鳥居笹千流(とりいざさちる)ちゃんだ!」
 弦巻はショウの司会者のように一人一人を指差しながら名前を挙げていく。呼ばれた連中の反応は無言であったり「あ?」と不機嫌丸出しであったりと様々で、最後に鳥居笹という女の子が「どうも」と慎(つつ)ましく頭を下げた。
「でさ、俺達も桔平ちゃんとは仲良くやってきたいわけで、この後、親睦も兼ねてクラス全員でカラオケでも行かね? とか考えてんだけど、どーよみんな?」
 弦巻が場の全員に向けて呼びかけるも、うんともすんとも反応はない。……もしかしてこいつ、周りから嫌われてたりするのだろうか。
 無反応の教室の空気に、弦巻は不服を訴える。
「なんだよみんなノリ悪いなー。これから俺達と過ごしてく仲間だべ?」
「少々耳障(みみざわ)りよ、弦巻君」
 凛と冷たい声が、弦巻の騒々しさを断ち切った。
「あなたが親睦会とやらを開くのは勝手だけど、許可なく私達まで巻き込まないで頂戴」
 冷淡とすら取れる語気も、弦巻は気にしない様子だ。
「うーん、規理ちょんは相変わらずお固いなー。折角全員が打ち解けられるまたとない機会だってのにさ」
「別に私達が仲良くする必要などどこにもないわ。このクラスにいる人間はただ何の問題も起こさず無事卒業することだけを義務とすればいいのだから。……では平君、校内を案内するからついてきて」
 八重梅はまたえらく温情に欠けた言葉を吐き捨てると、机の脇にぶら下がっていた藤色の竹刀(しない)袋を肩にかけ、そのまま廊下へと出ていった。俺は呆れ半分に苦笑する弦巻に「じゃ」と一声かけてその背中を追う。
「……あんたら、ひょっとして仲悪いの?」
 八重梅の数歩後ろを歩きながら、俺は剣呑(けんのん)な事情を想像し、声のトーンを落として聞いてみた。しかし彼女は振り向きもしないまま、先と同じ調子で答える。
「良くも悪くもないわ。ただお互いに干渉しないだけ。無駄に馴れ合えばその分不祥事を起こす危険性が増すだけだから」
「不祥事って……ただカラオケに行くだけだろ。そもそもどうしてあのクラス、あんな人少ないんだ? 特別選抜の超優秀児が集められてたりすんの?」
「そんな良いものではないわね。理由なら後で先生に尋ねて」
 彼女の態度は一貫して素っ気ない。つまり元々がこういう性格のようだ。
「ところで」
 ふと、彼女は足を止めた。
「あなた、持ち物は大丈夫?」
「は?」
 質問の意味が分からなかった。
「ポケットの中を確認してみなさい」
 俺は両手で制服のズボンをぽんぽんと叩くが……あれ?
「……ない」
 財布が、いつの間にか消えていた。
 その時の俺はよほどの間抜け面(づら)だったのだろう、初めて八重梅が口元に笑みを浮かべた。愚か者をふっと鼻で嘲(あざけ)るような笑みを。
「……今すぐ弦巻君に返してもらいに行きなさい」

 全速で教室に戻ると、一人残っていた弦巻がヒラヒラと俺の財布を見せびらかした。
「いやぁ、五分ジャスト。気づくまで結構かかったねえ」
 俺はつかつかと弦巻に歩み寄り、その手から財布を奪い取る。
「何のつもりだ、てめえ!」
「あらあらー、そんな怒んないでよ。ちょっとからかっただけじゃんかー」
「くそっ」
 八重梅を待たせているので俺はさっさと引き返す。後ろであいつがにやけていると思うと胸くそ悪かったが、相手をして図に乗らせるのも嫌なので完全無視だ。
「早速被害にあったわね。御愁傷様」
 廊下で佇(たたず)んでいた八重梅のところに戻ると、同情の言葉をかけられた。
「明るくて良い奴かと思ったら……あいつはいつもあんなことしてんのか?」
 八重梅に指摘されるまで盗まれたなんて気づきもしなかった。常習犯ならではの手際の良さを思わせる。
「これからも気を抜かないほうがいいわ。私も一度だけやられたことがあるから」
「一度で済んでるのがすげえよ」
「ええ、今は彼が手を伸ばしてきたら刃物で切りつけるようにしてるから」
「……なかなか物騒な対策だな」
 まあ、誇張だろうけど。
 話を終えると、やはり彼女はすげない調子でさっさと歩きだす。やけに早足なので追いかけるので精一杯だ。
「おっと」
 慌てていたせいで注意が散漫になり、トイレ前の床が濡れていたことに気づかず、つるんと足を滑らせ前屈(まえかが)みにバランスを崩してしまった。
 その瞬間、ひゅんと額のすぐ傍(そば)を風切り音が通過した。
「ん?」
 続いて前髪の一部がはらりと舞い落ちる。
 顔を上げると、竹刀袋を腰に構える八重梅がいた。袋の口からは、やけにリアルな刀の柄(つか)が覗いている。
 数秒の間を置き、彼女は呟(つぶや)いた。
「……転んだフリしてスカートの中を覗こうとしたのかと思ったら、そうでもなかったようね」
「…………」
 俺はたった今、自分が【斬り殺されかけた】という事実を認識するのに、さらに数秒の時を要した。
「─って、ええええええ⁉ 何してんのお前⁉」
 俺は前頭部を押さえながら絶叫した。
 藤色の袋に収められていたのは、竹刀ではなく本物の刀。
 そんな代物(しろもの)を躊躇(ちゅうちょ)なく使用しておきながら、八重梅は涼しい表情のままだ。
「喚(わめ)かないで。ただあなたの心が下劣な欲に満たされていたら、その首が飛んでいたというだけでしょ」
「『だけでしょ』じゃねえよ! んなもん、学校内で振り回すな!」
「だからいちいちこんな些事(さじ)で声を張り上げないでって言ってるの。私が本気で斬るつもりならあなたはすでに細切れになって事切れていたわよ。もしくは微塵切(みじんぎ)りでも可」
「大して結果は変わんないし!」
 ちょっと待て、何この人⁉ 平然と殺害予告しちゃってるよ! この国はいつからこんな猟奇的な人間を野放しにしておくようになったんだ?
「とにかく、これ以上無意味に騒ぎ立てるようなら本当に斬り殺す……いえ、KILL殺すわ」
「KILLに殺すって、落雷が落ちるとか頭痛が痛いみたいな重複表現になってる気が」
「文句ある?」
 文法への真っ当な指摘に、日本刀を手に持つ女の瞳が、研ぎすまされた刃(やいば)のような光を発した。
「……ないです」
 そこからは余分な会話は一切遮断され、水を打ったような静けさのなか案内は続き、文字通り身を斬るような心持ちでどうにか校内を一通り見終えることができた。

<第2回更新に続く>

キャラ紹介やプロローグも読める『罪人教室』特集ページはこちら!

作品詳細・ご購入はこちら!





01/04

新刊情報発売スケジュール

読者アンケート

今後の予定

WebノベルWebノベル一覧

このページのトップへ
このページのトップへ
JUMP j BOOKSについて
©SHUEISHA Inc. All Rights Reserved.