ストーリー紹介
キャラクター紹介

人懐っこい笑顔で他人に近づき、超能力じみた技術で、金品のみならず手におさまるありとあらゆるものをスり取る、迷惑千万な男。手品師にでもなった方がいい。悪気もなさそうにヘラヘラしているのがいけすかない。ただし、そのチャラさが祟って、一部の女子からいない者として扱われているのは、少しかわいそうだが。

嘘と真実を織り交ぜ巧みに他人を翻弄する陰険野郎で、発言が全く信用できないうえ、更に厄介なことに、「他人の嘘を見破ることができる」なんて能力まで持っている。こいつと喋っているだけでもとても疲れるが、弦巻とのコンビネーションで俺の疲労度は二百%増しになる。最近では、クラスのとある女子と接近中だ。

規律に厳しい真面目な委員長で、クラス一の常識人……だったら良かったんだが。切れるとすぐに愛用の日本刀を振り回す、ある意味クラス一の危険人物だ。俺は出会って5分で切り殺されかけた。刀を手放すとへなちょこになってしまう珍妙な体質。元ぼっちだが、その話題に触れると闇梅と化すので触れてはならない。

ハッキング・クラッキング技術の持ち主。直接的な戦闘能力はもたないので、女子のうちでは最も無害……と安心していた俺は、盗聴器を仕掛けられたり罠に嵌められたりしたので油断してはいけない。不登校だったこいつを、何とか俺が学校へ復帰させたが、感謝されるどころか都合のいい防御壁と思われている節がある。

暴力が服を着て歩いているような、クラス一の暴君。戦闘力もヤバいが、いつなんどきブチ切れて暴れだすか分からない性格がもっとヤバい。こいつがよりにもよって警察署で暴れた時には、あわやSATが出動しかけた。八重梅との戦闘で、俺の新居を豪快に破壊してくれたが、残念なことに、弁償を要求する勇気が俺には無い。

予備軍ではなく、現役で現在進行形のストーカー。ゆるふわな外見とは真逆の、献身的で重すぎる愛の持ち主。出会ってすぐ些細なことでこちらに惚れ込んで、その日のうちに、俺の家を突き止めて勝手に上がりこみ、通い妻と化した。温和な性格で家事も得意だが、妄想と個人情報を垂れ流す誤った愛情表現で台無しである。

何の因果か因縁か、犯罪者予備軍たちが一般人に慣れるためのサンプルとして、犯罪者予備軍だらけの学園に放り込まれた。ストーカー予備軍にプライバシーを侵害され、スリ予備軍と詐欺師予備軍に翻弄され、ハッカー予備軍に盾にされ、大量殺人犯予備軍と人斬り予備軍の戦闘で被害を負う毎日。誰かツッコミを手伝って欲しい。

シリーズ紹介
 某所に存在するその学園は、
 「将来、重大な犯罪を犯しうる、常識はずれな『犯罪的特性』をもつ少年少女」が全国から密かに集められた、矯正と共生の場だった。
中でももっとも危険な生徒たちが集められたのが、2年D(Danger)組である。
何も知らぬ間にD組に転入させられた 一般人代表・平桔平は、生きて卒業を迎えられるのか!?
新鋭・埼田要介が描き出すエキセントリック学園ドラマ。
イラストレーターは気鋭の漫画家・掃除朋具
ジャンプ小説大賞 '15 Springフリー部門‹金賞›受賞作、堂々解禁!!
このページのトップへ