JUMP j BOOKS

閉じる

プロに聞く! ジャンプホラー小説大賞特別企画 ホラー作家になるためのQ&A

絶賛作品募集中の『ジャンプホラー小説大賞』。その記念企画として、ホラーを愛する作家の方々に、連続インタビューを行います。プロが語る、ホラーとの出会い、作品を書く上での秘訣やテクニック、心得など……受賞を目指す皆さん、ぜひ先生方の教えを、作品執筆の助けにしてください。

第1回 怪談専門誌『幽』などで活躍されている山白朝子先生へのご質問です。
死者のための音楽 山白朝子『死者のための音楽』(KADOKAWA)
2005年、怪談専門誌『幽』でデビュー。
著書に『死者のための音楽』
『エムブリヲ奇譚』がある。

作家一覧


Q1. ホラーにはまるきっかけになった体験や本、人生を変えた一冊などを教えてください。
Q1. ホラーにはまるきっかけになった体験や本、人生を変えた一冊などを教えてください。
A.

保育園に通っていたとき、おなじクラスの子が死にました。今にしておもえば、死というものにはじめて触れた体験でした。ホラー作品に接するとき、もしかしたら、その子のことをおもいだしているのかもしれませんね。ちなみに人生を変えたホラー小説は『玩具修理者』(注1)です。
※注1『玩具修理者』(小林泰三、角川ホラー文庫)

Q2. ホラーを書くうえで大事にしていることは何ですか?
A.

学園の七不思議という題材は避けます。みんなが書きそうな題材は避けます。それと、臭いや、肌触りの描写を意識的にはさみます。

Q3. 作品のアイデアはどのように作り出しているのですか?
Q3. 作品のアイデアはどのように作り出しているのですか?
A.

主人公が周囲の人に【嘘】をつくような状況をかんがえます。【嘘】がばれそうになったり、それを切り抜けたり、そこから生じるサスペンス性は物語への求心力となってくれるでしょう。読者は、【嘘】がついに破綻して主人公の正体を周囲の人々が認識する場面を想像しながら読み進めてくれます。その場面を読むまで、読者は安心できないのです。「先が気になる!」という印象を与えることができるので効果的です。

Q4.
Q4. デビューを目指す新人へメッセージ・アドバイスをお願いします。
A.

小説には書き手の人格が現れます。書かれたものを読めば、どんな人が、どのような精神状態で執筆したのかが伝わってくるのです。だから、書くことに畏れを抱きはじめたとき、あなたは、ほんとうの意味で作家になれるのです。

山白朝子先生ありがとうございました!

作家一覧

ミニキャッパー周平の百物語
ミニキャッパー周平(インタビュー)ジャンプホラー小説大賞宣伝担当。ホラー小説への愛から『ミニキャッパー周平の百物語』をブログ上で連載し、おすすめ作品を不定期で紹介している。感想を含めたレビューが作品制作の助けになることを切に願っている。

TOP