JUMP j BOOKS

閉じる

転生勇者が実体験をもとに異世界小説を書いてみた(第1回)

作・乙一

Page1/4


 シーリムで暮らしていたときから本は好きだった。シーリムは現代日本のようなすぐれた印刷技術と物流をもった世界ではない。国に一つだけある図書館を出入りできる者は限られていたが、俺の場合、特別な許可が与えられていた。

 王都壊滅の危機を救った際の報酬として、本の閲覧許可を求めたのだ。その程度の報償では波風が立つと言われ、爵位を与えられたが、面倒なだけだった。

 力が覚醒する前の俺は忌み子としてあつかわれていたから、村でいつも一人で過ごさなくてはいけなかった。そんなときに心の支えとなったのが英雄達の冒険譚だ。大昔の偉大な英雄たちの伝承はいつも俺に生きる希望を抱かせてくれた。知恵と勇気で苦難を乗り越え、最後には人々を救って賞賛を手に入れる。そういう剣と魔法の話が好きだったから、今もよく読んでいる。スマートフォンで。

 

「なあ、ちょっとお前、立ってみて」

 

 スマートフォンでネット小説を読んでいたら声をかけられた。ファーストフード店の店内は混んでいる。ちいさなテーブルをはさんだ二人がけの席に俺は座っていた。

 他校の制服を着た二人組の男子生徒が、フライドポテトを載せたトレイを持って俺を見下ろしている。

 

「え? 立つ?」

 

「そう、立つだけでいいよ」

 

 なんだかわからないが、言われたとおりに立ってみる。それを待っていたかのように、二人組が俺の座っていた席にするりと腰かけてしまった。にやにやしながら彼らは言った。

 

「しばらく待てば他の席が空くとおもうから、そこに座れよ」

 

 テーブルに置いてあった俺のトレイを邪魔そうに床へ置く。ようやく俺は、席を強引に取られたのだと気づく。そばに座っていた他の客が何人かこちらを見ていた。軽い羞恥心がある。

 

「そこ、俺が座ってたんですけど」

 

 男子生徒二人組はポテトを食べながら、うるさい蠅を追いはらうように手をひらひらとふった。くっちゃ、くっちゃ、と口を開けて咀嚼している。席を返してくれる気はなさそうだ。俺は聖人ではないので、このまま席をゆずる気はない。

 だから、精神感応スキルを使うことにする。

 言葉に力を乗せて、そいつらの魂に命令した。

 

「立て。そしてこの店から出て行け。さもなくばおまえたちの魂を冥府の犬に食わせるぞ」

 

 シーリムで暮らしていたころに使えたような、地平線まで灰燼と化すような魔法はもう発動できない。しかし、初歩的なスキルである精神感応であれば使用できることがわかっていた。

 二人組の男子生徒は、お互いに目を見合わせる。

 用事でもおもいだしたかのように立ち上がり、店から出て行った。

 彼ら自身、なぜ自分がここから立ち去らなくてはならないのか理解できなかったはずだ。周囲で聞き耳をたてていた者たちも、何が起きたのかわからない様子でおどろいた顔をしている。

 テーブル上には彼らの食べかけのポテトがのこされていた。後で片づけておいてあげよう。俺は座りなおして、スマートフォンでネット小説の続きを読む。

 

 インターネット上には小説投稿サイトと呼ばれるものがいくつかある。そこには趣味で小説を書いている者たちが集い、作品を無料で一般公開し、不特定多数の人から感想をもらっていた。そこで人気を獲得した作品は本として出版され、書き手が作家デビューすることもすくなくない。

 小説投稿サイトの小説を読むのが日課だった。すべて無料だから、本を買うよりも経済的だ。おもしろくなかったら途中で読むのをやめればいい。その気軽さが良かった。好きな小説をお気に入りに登録すると、その作品にポイントが入る仕組みになっている。ポイントの多さでサイト内の人気作品ランキングが入れ替わった。

 異世界が舞台のファンタジー小説が特に人気のジャンルだ。それらを読むと俺はシーリムのことをおもいだして郷愁にかられる。シーリムにもいたのだ、エルフやドワーフ、そして冒険者ギルドで新入りに足をひっかけるやつが。

 現代日本で暮らす俺に、前世の記憶が蘇ったのは七歳のときだった。熱を出して生死の境をさまよったとき、すっかり何もかも、おもいだした。前世で暮らしたシーリムと呼ばれる世界の歴史、風習、言語、そして俺がそこで成したことを。

 剣による血みどろの戦い。

 魔法による殲滅戦。

 妄想ではなかった。俺の体からは前世の身体能力や魔力は失われていたが、魂の格によって行使できる精神感応系統のスキルが使用できたからだ。

 精神感応。それは、魔力を使わないかわりにレジストされる確率が異常に高いため、前世ではほとんど使用しなかった外れスキルだ。しかし今世では唯一の俺の武器である。

 

「赤城君って、落ちついてるよね」

 

 中学生のとき、クラスメイトの女の子に言われたことがある。前世の記憶のせいで同い年の子にくらべたらそう見えたのだろう。当時、彼女はよく話しかけてきてくれた。もしかしたら好意を持たれていたのかもしれない。

 ある日、その女の子に片想いしているとおもわれる男子が、俺を校舎裏に呼び出した。行ってみると彼の仲間が五人ほど待機しており、「調子にのってんじゃねえぞ」などと言いながら胸ぐらをつかまれた。

 精神感応でまずは彼らを沈静化させた。シーリムでは成功率がゼロに近かったのに、この世界で暮らす人々には百発百中でこのスキルが効いた。魂の格という概念のない世界だから、全員の魂が最低位の状態にあり、容易に格上の命令を聞いてしまうのかもしれない。

 その翌日、俺は教室で、騒動の原因となった女の子に話しかけた。声をかけると彼女は、ぱっと顔を明るくさせる。彼女の魂に俺は命令した。

 

「きみは赤城アオイという同級生のことを何ともおもっていない。好意的な感情は皆無だ。わかったね?」

 

 赤城アオイ。それが今世での俺の名前だ。

 彼女はうなずくと、すぐに友人とのおしゃべりにもどっていった。以来、彼女の中にあったかもしれない恋心は消え去り、俺の方は見もしなくなった。

 

 シーリムで暮らしていたころ、老後は本を書いて暮らすのが夢だった。当時、諸事情で世界を救うために旅しなくてはならなかったのだが、忘れがたい様々な出来事に遭遇した。それらを、だれにも伝えないまま死んでしまうのは惜しい。落ちついたら、見聞きしたものを記述し、王都の図書館に保管して後世に役立ててもらうつもりだった。結局、そういう老後が来ないまま俺はシーリムの最果てで死んでしまったわけだが……。

 高校に入学したころ、前世でやりたかったことをおもいだし、自分でも小説を書いてみようとかんがえた。シーリムでの体験談を文章にするだけで、異世界ファンタジー小説の体裁をとれるのではないかとかんがえた。まったくのゼロから作品世界を創造するなどという才能はない。しかし、過去をおもいだして自分のことを語るだけならできるかもしれない。

 自宅にあったノートパソコンを借りて、ひまな時間に文章を打った。書きためて小説投稿サイトへアップロードする。題名は『シーリム』。小説を公開した最初のうちは、一切、反応がなかった。何人のユーザーが小説ページを開いてくれたのかをチェックできるのだが、一週間に一人、いるかいないかという状態だった。それでも書き続けていると、閲覧人数が増えてきて、ついに感想をもらうことができた。

 

「題名をもっと長く、読者の興味がひけるようなものに変更したほうがいいとおもいます」

 

 確かにそうだよな。昨今、長い題名がはやっている。だけど俺にはおもいつかなかったのだ。このまま続けさせてほしい。

 小説『シーリム』の主人公は前世の俺だ。前世の俺は信じがたいことに生まれつき全身に入れ墨があった。そのせいで忌み子として迫害され、両親からも捨てられた。しかしオークにおそわれかけたとき、力が覚醒して魔法が発動し、オークを撃退してしまう。俺は村を出て街に行き冒険者となった。様々な依頼をこなしながら、自分の全身に刻まれているこの入れ墨は一体何なのかと、情報を探し求めた。小説『シーリム』にはそういった前世の記憶が綴られている。

 次第に小説の感想が増えた。好意的なものもあれば、否定的なものもある。一年が経過して俺が高校二年生になったころ、ついに月間カテゴリーランキングで三位に入ることができた。シーリムにおける宗教や祭事、建築様式、郷土料理などの描写が詳細で、まるでその世界を見てきたようだと一部の好事家たちの間で話題になったらしい。ありがたいことである。

 ある人物から俺あてにメッセージが来たのはそのころだった。

 

「盗作してますよね?」

 

 その小説投稿サイトでは、個人的なメッセージを投稿者あてに送信することができる。ハンドルネームでそのメッセージが届いたので、そのときはまだ性別も年齢もわからない状態だった。俺はすぐに返事をする。

 

「盗作はしていません。オリジナルです」

 

「でも、シーリムという名称に聞き覚えがあります。作中に登場する地名もすべてどこかで聞いたことがあります。第三章で書かれていた、ライトホワンに竜が襲ってくるイベントも、何かで読んだ気がします」

 

「その作品名をおしえてください」

 

「題名はわかりません。年に何百作品も読んでいるので忘れてしまいました……。でも、あなたの小説の内容は、どこかで読んだ覚えのあるものばかりです。たとえば最新話で主人公たちはドルーウィンという地方へ来ましたね。もしかしてこの後、そこで大規模なスタンピードが起こって都市が壊滅するのではありませんか?」

 

「なるほど、わかりました。メールアドレスをおしえてください。LINEでもかまいません。すこし、お伺いしたいことがあります」

 

 何度かやりとりをして、そのメッセージを送ってきた人物が、根拠なく盗作呼ばわりをしているわけではないとわかった。返信メッセージに書かれていたとおり、これから俺は大規模スタンピードのエピソードを書くつもりでいたのだ。

 ちなみにスタンピードとはこの場合、魔獣たちの集団暴走のことを示す。それによってドルーウィンが壊滅したのはシーリムでは有名な話だ。

 まだ投稿していない小説の内容を、なぜこいつがすでにしっているのか?

 可能性がひとつだけかんがえられた。

 

 

 

 

(Page2に続く)

 

 

 

 

TOP