JUMP j BOOKS

閉じる

レーベル創設から25周年を記念してJUMP j BOOKS小説賞出身の先生方へのインタビュー を掲載!!受賞当時の思い出や、あの名作がどのように生まれたのかなど、普段は聞くことのできない先生方の貴重なお話が満載ですよ♪

歴代受賞者インタビュー

人気ランキング

 ※11月のアクセスランキング
  • BLEACH Can't Fear Your Own World Ⅱ|書籍情報

    1 BLEACH Can't Fear Your Own World Ⅱ

  • ハイキュー!! ショーセツバン!! Ⅹ

    2 ハイキュー!! ショーセツバン!! Ⅹ

  • 第2回ジャンプ恋愛小説大賞

    3 第2回ジャンプ恋愛小説大賞

  • 3大小説賞募集中

    4 3大小説賞募集中〜

  • 『ハイキュー!! ショーセツバン!!』特集

    3 『ハイキュー!! ショーセツバン!!』特集

  • BLEACH Can't Fear Your Own World Ⅲ

    8 BLEACH Can't Fear Your Own World Ⅲ

  • v

    7 ONE PIECE novel A 1 スペード海賊団結成篇

  • BLEACH Can't Fear Your Own World Ⅰ|書籍情報

    5 BLEACH Can't Fear Your Own World Ⅰ

  • MIST GEARS GHOST|書籍情報

    5 MIST GEARS GHOST|書籍情報

田中創
(たなか・はじめ)

著者略歴
ジャンプ小説新人賞’10 Winter小説テーマ部門で銅賞受賞。『貧乏神が! 泰庵高校連続殺人事件』でデビュー後に、オリジナル作品やノベライズ作品を多数執筆。ゲーム、漫画、小説で楽しむことができるコンテンツProject「MIST GEARS」ではゲームシナリオと小説版を担当している
第2回 11.13更新 小説執筆の勉強は受賞後からスタート?

――受賞の第一報を受けとったとき何をされていたのか、また当時の気持ちを教えてください。

 
 僕が賞に応募したのは2010年の秋でして、編集部から受賞のお電話をいただいたのは、2011年の3月中旬のことでした。
 当時といえば東日本大震災の直後で、日々余震が続いていた頃です。トイレ共同風呂無し築60年の超老朽物件に住んでいたこともあり、いつ家屋が倒壊してもおかしくない恐怖と戦っておりました。明日をも知れぬ身、というやつです。
 そんな中でいただいたお電話でしたから、色んな意味でドキドキでしたねえ。果たして自分は今、受賞の喜びに震えているのか、それとも余震で震えているのか。それすらわからない、みたいな。
 なんにせよ、生きてて良かった......。

――初めて編集部に足を踏み入れたときの気持ちはどんなものだったのでしょうか? ご自身の想像とは違ったりした部分などがあればお聞かせください。


 集英社といえば出版業界きっての一流企業ですから、エリート編集者たちが洗練された空間の中でオシャンティな仕事をしているもんだと思っていました。ヴェルサーチを着た敏腕編集が外車乗り回して大先生の原稿受け取りに行く、的な。自分みたいな田舎者は完全に見下されるんだろうな、なんて半分卑屈なこと考えながら集英社ビルにやってきたんです。
 しかし現実は、オシャンティとはかけ離れたカオスな世界だったんですよね。「机の上のガンプラとかフィギュアとか、これ完全に趣味じゃね?」「ホントに編集作業の役に立つの?」などと思ったのを覚えています。
 編集さんたちもヴェルサーチどころか普通にポロシャツ&ジーパンだし......ああこれすげえ親近感あるわ、と安心しました。

――初めて担当編集者と話をしたときどんな印象を持ちましたか? 編集者から受賞作にどういった評価をもらったのかも聞かせてください。


 担当の六郷さんに「趣味は?」的なことを聞かれて、僕は素直に「ギャルゲー(美少女ゲーム)です」と応えたんです。そしたら「シュタゲやった? 俺あれ会社休んでプレーしちゃったんだよね」的なフランクな応答が返ってきたんですよ。そしたら、そこからニトロプラスの当時の新作の話をしたり、往年の名作ギャルゲーについての談義になったりしました。
 集英社の編集さんですから、本や漫画について詳しいのはさすがだと思っていましたが、まさかギャルゲーも嗜んでいらっしゃるとは驚きでしたねえ。六郷さんってすげえオタク......いえ、幅広い知識をお持ちの方なんだと思いました。

 そんな六郷さんからいただいた受賞作への評価は、「ラブコメなんだから、オチでちゃんとヒロインとの関係性を決着させるべき」という厳しいものでした。
 思い返せばこれは本当にその通りで、僕はネタに走るあまりラブコメの「コメ」の部分を重視しすぎて、「ラブ」をないがしろにしていたのですよ。
 前回のインタビューでも触れたのですが、ほんと自分ではオチはネタとして完璧だと思いこんでいましたからねえ......それが敗因でした。
 第三者の客観的意見って大事。それを勉強させていただきましたよ。ホント。

――受賞からデビューまでの期間はどのようなやりとりを担当編集としていたのでしょうか?


 受賞したての頃の僕といえば、小説を書いた経験すらほとんどない若造でした(電撃文庫の賞に出したのが人生一回目のまともな小説で、ジャンプ小説新人賞に出したのが二本目)。
 なので小説作法すらろくに知らず、担当の六郷さんに「書いてみたい作品があったらプロットちょうだいね」と言われ、「プロットってなんですか?」と聞き返したほどです。ここまで素人同然だった受賞者は、さすがに僕ぐらいのものかもしれませんね(笑)。
 というわけで、基礎の基礎からお勉強でした。六郷さんにいろいろ小説作法の本を紹介してもらい、それを熟読しながら執筆する毎日です。
 ちなみに、その「プロットの作り方」で参考になったのは、幻冬舎『ミステリーの書き方』の中で乙一先生がご紹介していたやり方でした。そのシステマティックで無駄のないメソッドには、目からうろこが落ちたものです。今でも参考にしております。

――その後、『貧乏神が!』のノベライズでデビューとなりますが、どのようなきっかけで担当することになったのでしょうか?


 六郷さんがお話を持ってきてくださいました。
 もともと僕もジャンプSQ.は創刊号から買って読んでいたのですが、『貧乏神が!』はその中で一番大好きな作品だったのです。『貧乏神が!』は、非常に高い画力に加え、ギャグセンスも神がかり的。サイン会などのファンサービスにも厚い漫画で、「きっとこの漫画家の助野嘉昭先生というひとは、天から二物も三物も与えられたお方に違いない!」と尊敬のまなざしで読んでいたものです。
 そこにきて「ノベライズやってみない?」というお話をいただいたので、もう二つ返事で承諾でしたね。「ウソ......!? こんな私が、あの憧れの先生と一緒にお仕事するなんて!?」と、少女漫画のヒロインちっくにトキメキを感じたことを覚えております。
 助野先生とは『貧乏神が!』のあとも、『双星の陰陽師』でノベライズの仕事をご一緒にやらせていただいております。そちらも熱血展開づくしの超面白い漫画ですよ。現在ジャンプSQ.で絶賛連載中。未読の方はぜひご一読ください。できればノベライズも合わせて。

画像注:デビュー作『貧乏神が! 泰庵高校連続殺人事件』

――デビュー後は漫画ノベライズに限らず、アニメ映画、実写映画と数多くのノベライズやオリジナル作品も手がけられています。作品や媒体毎の書き分けはどのように行っていたのでしょうか?


 そうなんですよね。ありがたいことに、Jブックス編集部からは、これまでいろいろお仕事を頂きました。バトルものやら学園コメディやらエロコメやら、様々な作品を書く機会に恵まれました。スケジュールによってはギャグ作品とシリアス作品を同時期に書かなければいけないこともあって、なかなかその切り替えが難しかったりもするんですけどね。
 で、そのジャンルごとの書き分けなのですが、まずは執筆予定のジャンルの小説(あるいはそれにもっとも近い小説)で、一番好きな作品を読むことから始めます。
 たとえば伝奇バトルものを書く前には、虚淵玄先生の『Fate/zero』を、青春ラブコメを書く前には竹宮ゆゆこ先生の『とらドラ!』を読む......みたいな感じです。
 好きな作品の文章の流れ方を感じておくことで、自分もそのジャンルの文章をスムーズに書ける気になるんですよね。「あー、あの先生ならこの場面、こういう風に書くんだろうなー」なんて想像しながら書く感じ。
 ちなみに僕の中ではこの儀式を「神降ろし」、参考文献の数々を「聖典」と呼んでおります。気分はイタコかシャーマンか。いっそ宗教法人化しようかな。税金対策にもなるし。

次回更新は11月20日予定!!
話題沸騰Project「MIST GEARS」でのお仕事についてお聞きしました!
お楽しみに!!

歴代受賞者インタビュー

人気ランキング

 ※11月のアクセスランキング
  • BLEACH Can't Fear Your Own World Ⅱ|書籍情報

    1 BLEACH Can't Fear Your Own World Ⅱ

  • ハイキュー!! ショーセツバン!! Ⅹ

    2 ハイキュー!! ショーセツバン!! Ⅹ

  • 第2回ジャンプ恋愛小説大賞

    3 第2回ジャンプ恋愛小説大賞

  • 3大小説賞募集中

    4 3大小説賞募集中〜

  • 『ハイキュー!! ショーセツバン!!』特集

    3 『ハイキュー!! ショーセツバン!!』特集

  • BLEACH Can't Fear Your Own World Ⅲ

    8 BLEACH Can't Fear Your Own World Ⅲ

  • v

    7 ONE PIECE novel A 1 スペード海賊団結成篇

  • BLEACH Can't Fear Your Own World Ⅰ|書籍情報

    5 BLEACH Can't Fear Your Own World Ⅰ

  • MIST GEARS GHOST|書籍情報

    5 MIST GEARS GHOST|書籍情報

TOP